自力で包茎治療

自力で包茎治療

私は中学生の時に自力で包茎治療を行いました。

 

普通は小学生、中学生の時はまだ包茎のままだと言われていますが、何故か私は中学生にも関わらず、包茎だという事をコンプレックスに感じていて、自力で包茎治療をしようとしていました。

 

 

 

どのような方法で治したのかといいますと、寝る時だけ無理やり皮をむいて眠るのです。

 

なぜ寝る時なのかといいますと、昼間に皮をむくと、亀頭への刺激が高まり勃起してしまう事が考えられるからです。

 

その状態で勃起してしまうと、亀頭の根本が締め付けられ、激痛が走るので続ける事が出来ません。

 

その点寝ている時は体を動かさないので、亀頭への刺激は高まりません。更に勃起したとしても、寝ているので痛くありません。

 

 

 

その寝ている時に皮を下ろしておくという方法を取り続けると、次第に寝ている時にも勃起しているらしく、先端の皮が伸びてきます。

 

先端の皮が伸びると、次第に下に下ろしても亀頭が締め付けられなくなるので、昼間に亀頭を露出して亀頭への刺激性が高まり勃起してしまったとしても、痛みを感じなくなります。

 

 

 

以上のように、段々と先端の皮を伸ばし、亀頭の皮が刺激になれることが出来るようになると、包茎を自力で治す事が出来ます。

自力で包茎治療関連ページ

大学生の時に包茎手術をしました。
包茎手術|包茎治療の信頼できる包茎クリニックの比較